受け入れの流れ

貴社の事情をお伺いしながら「実習生受け入れ」に関してコンサルティングいたします。
企業様によって多種多様なご要望をお持ちであるという事情をふまえ、貴社専属の担当者を置いて対応いたします。

担当が伺った内容をふまえ、募集要項を作り、現地の送り出し機関に条件に合う候補者の募集を依頼します。

現地の送り出し機関は、当組合からの募集要項通りに第一選考を行います。
書類選考及びペーパー試験・面接を実施し、実習生候補を決定します。

試験・面接の合格者に、現地にてコミュニケーションの源となる「聞く・話す」に重点を置いた
日本語教育と日本語・日本文化・日本の生活習慣の講習を実施します。

到着した実習生を、当組合のスタッフが、空港に出迎えます。

入国した実習生には、1か月程度、組合本部所在地付近の寮で講習を受けてもらいます。
講習が終わるまでには、ごみ出しや地域住民への挨拶など、日本で生活をしていく上での重要なことができるよう指導いたします。

技能検定試験とは?――技能実習2号に進むために合格しなければならない試験のこと。
1年間の成果が問われるこの試験には、当組合が受け入れ支援をしたほぼ全ての実習生が合格しています。

技能検定試験の合格者は、技能実習2号として技能の習熟度を更に高めます。

3年間の技能実習期間を終えると、技能実習生は帰国します。
日本で培った最新技術と日本語、そしてそれに裏打ちされた自信と誇りを胸に、新しいスタートをきる嬉しい瞬間でもあります。