外国人技能実習制度について

外国人技能実習制度とは

発展途上国の若者を日本の企業が受け入れる際に適用される公的制度です。
実務を通じて技術や技能を習得、あるいは知識を学んでもらい、帰国後に母国の経済発展に寄与してもらうことを目的としています。
日本の企業が技能実習生を受け入れる場合、組合等の監理団体を通す必要があります。

受け入れの仕組み

入国から帰国までの3年間(5年間)

1年目

将来の母国を背負って立つ選ばれた若者達が、日本語及び日本での生活マナー等の講習を経て、技能実習に入ります。

2年目

技能検定基礎級に合格した実習生は、引き続きより一層の技能・日本語力の向上に努めます。

3年目

仕事も日本語力にも自信がつき、企業様との人間関係を深めながら、さらに高いレベルを目指します。

4年目

技能検定3級相当にに合格し、日本での技能・日本語力向上を目指す実習生は一時帰国の後、2年の実習延長が可能です。
※ 実習実施者、監理団体への条件のクリア及び外国人技能実習機構からの優良認定が必要となります。

5年目

技能・日本語力において自他共に認められる存在となります。 母国にて活躍する未来を持ち、帰国します。